中国自動車ニュース

奥深い中国の車事情をご紹介します。

カテゴリ: 四川

 中国資本の傘下で復活した名門ブランド、独ボルクヴァルト(宝沃汽車)は10日、自動車販売会社、東創建国汽車集団(本社:四川省成都市)と戦略パートナーシップを締結した。東創建国は、ボルクヴァルトの四川省唯一のパートナーとして販売ネットワークを構築する。汽車頭条が11日伝えた。

 東創建国は自動車販売業で全国10位に入り、米ゼネラル・モーターズ(GM)の優良販売会社に選ばれた有力自動車販売会社。地元四川市場を知り尽くしている。

 ボルクヴァルトは中国で2モデルを発売。全国に180店を展開している。年内に220店に増やし、中国市場を広くカバーする販売体制をつくる計画だ。

 先に閉幕した即売会を兼ねたモーターショー「第20回成都国際汽車展」では数日の開会中に2万6000台が売れ、四川省を含む中国西南市場の旺盛な需要を印象づけた。ボルクヴァルトも、自動車メーカーの主戦場となった三~五線級と呼ばれる地方都市に合わせ積極的に販売チャネルを深掘りする方針だ。

 ボルクヴァルトは、本拠地、ドイツ・ブレーメン州で「インダストリー4.0(第4次産業革命)標準に準拠する工場の建設に来年着手、19年に生産を始める。今年6月には、同社初のSUV(スポーツ用多目的車)、BX7がEUから認証を得て欧州での販売が可能になった。同社は東南アジアや中南米での販売も計画中だ。

 中国4大モーターショーの1つで、9月3日閉幕した第20回成都国際車展は年々規模を拡大しており、自動車産業にとって成都を中心とする西南地区の存在感の高まりを象徴している。西南地区は、製造拠点と市場の両面で東北、華東、華南に次ぐ第4極となり、各社の経営戦略上、不可避の地域に成長した。毎日経済新聞が8月29日伝えた。

 成都に進出した完成車メーカーは11社。中国第一汽車とフォルクスワーゲンの合弁企業「一汽大衆」、ボルボ・カーズ、東風汽車と仏PSA(旧プジョーシトロエングループ)の合弁会社「神竜汽車」、香港上場の自動車メーカー吉利汽車といずれも一流自動車メーカーばかり。合計の年産能力は140万台に上る。
 成都は自動車の保有台数も急増しており、2017年末現在、9人乗り以下の乗用車保有台数は432万台で、中国各都市で第2位となった。

 成都市政府も自動車産業育成に積極的。17年7月に発行した「成都市産業発展白書」は、今後の育成の重点として▽高級ブランド乗用車と車部品▽新エネルギー車と電池・コントローラー・モーターなど基幹部品▽クリーンエネルギー車とスマートカーーーを挙げた。20年までに同市の自動車年産能力は300万台に達する見通しだ。

 民間シンクタンク、フージワーフ(胡潤)研究院によると、中国のラグジュアリーカーのオーナーの平均年齢は33歳、四川省成都市だと30歳以下が4割を超えることが分かった。現在、成都市で25日開幕した成都モーターショー(第20回成都国際車展)でも、ラグジュアリカーを展示する9号館が人気の的となっている。毎日経済新聞が29日伝えた。

 中国では乗用車の売れ行きが低迷する中、ラグジュアリカーは例外。今年1~7月、乗用車の販売台数は前年同期比2%に満たなかったが、ラグジュアリカーは20%の伸びを見せた。ラグジュリカー12プランドのうち11ブランドは2桁の伸び。キャデラックは65.7%、リンカーンは200%、アキュラは491.4%それぞれ前年同期比で増えた。

 プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調べでも、中国の北京、上海、深センなど1線都市では26~35歳がラグジュリカーのオーナーの主力で、32歳以下(1985年以降の生まれ)が30%、27歳以下(1990年以降の生まれ)が12%となっている。

 大手自動車メーカー、華晨汽車集団有限公司とBMWの合弁会社、華晨宝馬汽車有限公司の魏嵐徳CEOは「BMWの顧客はどの地方でも若い。5シリーズだと平均35歳だ」と話す。
 成都市だとさらに若くラグジュアリカー・オーナーの41%が30歳以下。2014年には20~30歳の割合はわずか20%だった。

 業界関係者によると、成都のオーナーが若いのは経済成長の速さと関係がある。成都の今年上半期(1~6月)の域内総生産成長率は8.2%で全国平均より1.3ポイント高かった。

 四川省成都市政府などが主催する成都モーターショー(第20回成都国際車展)が25日、同市の成都世紀城新国際会展中心で開幕した。出展モデル63種類のうち半数を超える34種類がSUV(スポーツ多目的車)だった。中国経済網が25日伝えた。

 新ネルギー車普及促進のための「クレジットスコア制」の導入を目前に各社とも新エネ車の出展も積極的。奇瑞汽車の「艾瑞沢5e」、安徽江淮汽車の「iEV7S」など電気自動車(EV)とプラグイン・ハイブリッド車(PHV)などが注目を集めた。

 展示場は9カ所、展示面積は15万平方メートル。自動車の116ブランドが出展し、約69万人の来場を見込んでいる。新発売のモデルは45種類、初発表のモデルは18種類に上る。

 各メーカーのうちフォルクス・ワーゲンはゴルフRとトゥアレグ(Touareg)特別タイプを展示。ポルシェ中国で初めて911・GT3を披露する。アウディーはA6LとA6Le-tornが目玉。ベンツはC300、メルセデスAMG・GT、スマート特別モデルを出展。BMWはM3、M4、5シリーズを展示する。

 自主ブランド勢は、SUVがメイン。長城汽車のWEY・VV5、吉利汽車の遠景X3、上海汽車の栄威RX3が注目されている。

 VOLVOボルボ・カーズ中国の関係者はこのほど、スポーツタイプ多目的車(SUV)「XC60」のフルモデルチェンジ車の生産を四川省成都市で行うことを明らかにした。XC60のフルモデルチェンジ車は3日、ジュネーブモーターショーで発表されたばかり。成都で製造するフルモデルチェンジ車は、今年11月開幕の広州モーターショーで発表する。網通社が3日伝えた。

 XC60のフルモデルチェンジ車は、ボルボのフラッグシップのXC90と外観が似ており、フロントグリル、ランプとともに同じファミリーであることを示すフロントフェイスとなっている。ボディーの大きさは車長4668ミリ、車幅1902ミリ、車高1658ミリだ。

 動力別では、2リッター・ターボエンジンのT5、T6と搭載型2種類と、プラグイン・ハイブリッド動力のT8搭載モデルの3種類がある。

↑このページのトップヘ