中国自動車ニュース

奥深い中国の車事情をご紹介します。

カテゴリ: 吉利汽車

 香港上場の自動車メーカー、吉利汽車(本社:浙江省杭州市)西南マーケティング事業部傘下ディーラーの18店の集中開業式が9日、貴州省で行われた。18店は貴州省9店、四川省7店、雲南省2店。開業に伴う総投資額は4億8500万元(約81億円)だった。汽車頭条が9日伝えた。

 吉利汽車は全国に華北、東北、華中など5カ所のマーケティング事業部を展開。うち西南は最重要市場で、2016年に売り上げ全国首位の販売店は西南市場の四川省成都市の店舗だった。

 吉利汽車の1~8月の販売台数は前年同期比88%増の71万8200台。うち西南市場は98%増の8万5600台。各ブランドのうち新帝豪と新遠景の販売台数は西南市場が全国が首位だった。

 西南市場のシェアは1、2位が独フォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、上海大衆と一汽大衆。3位が地元の重慶長安汽車。吉利汽車のシェアは長安汽車に迫るが、これまで四川省成都市の販売店はわずか8店で、長安汽車の30店を大きく下回っていた。

 香港上場の自動車メーカー、吉利汽車(本社:浙江省杭州市)が6日発表した今年8月の販売台数は前年同月比80%増、前月比6%増の9万6505台だった。うち輸出台数は前年同月比21%減の2054台、中国国内販売は85%増の9万4451台だった。

 8月はセダンの新帝豪が前年同期比43%増の2万936台、遠景が33%増の1万1025台をそれぞれ売り上げた。

 また、2016年発売の新モデル4種類のうち3種類が単月で過去最多となった。3種類はSUV(スポーツ用多目的車)の吉利博越が2万2037台、初のクロスオーバータイプのSUV帝豪GSが1万3053台、次世代型のAプラスセグメント車の帝豪GLが1万926台。もう1種類は遠景SUVで1万58台と健闘した。

 自動車メーカー、吉利汽車(本社:浙江省杭州市)の陝西省宝鶏市陸港新区の工場隣接地にハイエンドの自動車部品産業パークが開業し、これまでに部品メーカー8社が進出し生産を始めた。吉利汽車向けに納品する。宝鶏日報が28日伝えた。

 自動車部品産業パークはプレス、自動車部品加工、内装部品製造、部品研究開発(R&D)、オフィスなど機能別に区画が分かれている。全面完成後、吉利汽車のサプライヤー15社、第三者物流会社3社が進出できる。

 進出済みの8社は、宝鶏中博汽車部件有限公司、寧波拓普集団股フェン有限公司、成都英利汽車部件有限公司など。うち宝鶏中博は、吉利汽車のSUV(スポーツ多目的車)「吉利博越」向けにドアフレーム、プレス部品、溶接部品、内装部品を納入している。年間生産額は2000万元(約3億3000万円)、年間生産量は60万点となる見込み。

 産業パークによると、工場7棟が完成、2棟が建設中で今年10月に引き渡し予定。工場、インフラ、生活施設、物流などの全サービスが可能になる。

 浙江吉利控股集団が、傘下のボルボ・カーズと折半出資で設立する新しい合弁会社の董事長に、ボルボのアジア太平洋地区責任者とSVP(シニア・バイス・プレジデント)を務めたラーズ・ダニエルソン氏が就任することが分かった。網通社が8日伝えた。

 同氏は2006年にボルボに入社。10年に浙江吉利控股がボルボを買収後は中国に赴任し、現地工場の設立を進めた。15年からアジア太平洋地区の責任者に就任した。

 同氏のもと、ボルボは四川省成都市と黒龍江省大慶市に完成車工場、河北省張家口市にエンジン工場をそれぞれ設置した。ボルボの中国での販売台数は2010年の3万2000台から16年には9万930台となり、単一国では同社にとり最大の市場に成長した。


 浙江吉利控股集団は4日、浙江省杭州市でボルボ・カーズと合弁会社2社を設立することで正式合意した。蓋世汽車網が伝えた。

 合弁会社のうち1社は「寧波時空方程技術有限公司」で、吉利控股とボルボが折半出資で設立し、本部は寧波杭州湾新区に置かれる。もう1社は領克(LYNK&CO)汽車合資公司で、吉利汽車控股有限公司が50%、吉利控股集団が20%、ボルボが30%それぞれ出資する。

 合意書によると、寧波時空には吉利とボルボが互いに技術供与。完成車のフレームや高効率のクリーン・パワートレインなどの先端技術を共有するほか、部品の共同調達を行う。次世代型電気自動車(EV)の開発も行い開発成果を共有する。

 領克汽車は、高級乗用車メーカーが目標で、ボルボのコンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)を使ったLYNK&CO「01」と「03」がまもなく発表される。また、新世代車台「SPA」、4気筒エンジン、7速ダブルクラッチトランスミッション(7DCT)などで、ボルボからの技術供与が期待される。

↑このページのトップヘ