中国自動車ニュース

奥深い中国の車事情をご紹介します。

カテゴリ: 北京汽車

 北京汽車と韓国現代自動車の合弁会社、北京現代汽車(BHMC)が重慶市に建設した第5工場がこのほど稼動し、新型「瑞納(ルイナー)」の生産を始めた。同社の趙軍広報部長は網通社に対し、重慶工場は小型と大型のSUV(スポーツ用多目的車)計2モデルを生産する計画であることを明かした。21日伝えた。 

 BHMCが現在販売中のSUVは、小型のix25、コンパクトタイプのix35と全新途勝(ニュー・ツーソン)、中型のSUV全新勝達(ニューサンタフェ)の計4モデル。しかし、中国ではSUVが自動車市場をリードする中、BHMCはラインアップが不完全で、細分化した市場に対応できていない。今後、現有モデルのグレードアップを図るとともに多くの新モデルを売り出すなど、SUV重視路線を決めた。

 趙部長によると、重慶工場が生産予定の小型SUVは、中国生産版の「コナ」。ただ名称は新しいものに変える。販売価格は12万元(約205万円)前後と経済的だ。10月にも試験生産を始める。

 重慶工場は2015年6月に着工した。年産能力は完成車30万台、エンジン20万基を見込んでいる。

 大手自動車メーカー、北京汽車集団(北汽集団)が29日発表した今年上半期(1~6月)の中間期決算は売上高が前年同期比36%増の667億3700万元(約1兆1153億円)、株主帰属純利益が59%減の9億8600万元だった。自主ブランド車の不振が大幅減益につながった。蓋世汽車網が30日伝えた。

 上半期の増収はメルセデスベンツとの合弁、北京奔馳(北京ベンツ)の販売増加のため。北京ベンツの上半期の売上高は前年同期比比56%増の5億8313万元。販売台数が前年同期比で47%増えた。

 上半期の大幅減収は、北京ブランド車の純損益が32億6500万元の赤字になったため。北京ブランド車の売上高は前年同期比27.8%減の8424万元。販売台数も45.5%減の11万1000台。国内乗用車全体の販売減速と車両購入税の優遇税率の縮小が響いた。

 北京汽車と現代自動車のの合弁会社、北京現代汽車(BHMC)の販売台数も前年同期比42.4%減の30万1000台だった。

 北汽集団が35%出資する、ドイツ自動車大手ダイムラーと福建汽車工業集団(本社:福建省福州市)の合弁会社、福建奔馳汽車工業(福建ベンツ)の販売台数は、MPV(多目的車)の∨クラスがけん引し95.4%増の1万0100台だった。

 国有自動車メーカー、北京汽車集団(北汽集団)の新エネルギー車メーカー、北汽新能源汽車股フェン有限公司は14日、投資ラウンド「シリーズB」で111億1800万元(約1840億円)の資金調達に成功したと発表した。同社は今年4、7月にも資金調達しており、国有独資会社から国有持ち株混合所有制会社へ転換することになる。汽車周刊が16日伝えた。

 同社の鄭剛総経理によると、今回の出資者は中国信達、中冀投資、国軒投資など14社。北汽新能源汽車の出資者は33社に増えた。持ち株比率は北京汽車集団有限公司など国有企業が67.55%、従業員持ち株プラットフォームが0.41%、民間資本など23社が32.04%となる。

 鄭総経理は、北汽新能源汽車が今年下半期、新たに重量級の4モデルを発表する計画であることも明らかにした。小型セダン、コンパクトタイプのスポーツタイプ多目的車(SUV)、急速充電型のEC200、長航続距離のEV300の4つとなる。

北京新能源 北京汽車集団(北汽集団)傘下の新エネルギー車メーカー、北京新能源はこのほど、新しい販売計画を明らかにした。新モデルを相次ぎ販売するが外観はほぼ変わらず、航続距離を重視したグレードアップに取り組んでいるもようだ。汽車之家が3日伝えた。

 新販売計画によると、今年8月中にEC200を発売するほか、第4四半期にEV300を発売。11月の広州モーターショーでEX400Lをベースとした電気自動車(EV)タイプの新しい小型スポーツタイプ多目的車(SUV)を披露。EX400Lは17年末か18年初めに販売する。来年4月の北京モーターショーでは新型の小型EVを発表する。

 うち業界の注目度が高いEV300は、EVシリーズのハイスペックモデル。外観は従来型と変わらないが、バッテリーユニットの容量が拡大したため、車名からも分かるように最大航続距離は300キロに達するとみられる。

 北京汽車とヒュンダイモーターの合弁会社、北京現代汽車(BHMC)はこのほど、猛暑を理由に7月29日~8月6日まで工場を全面休業することを明らかにした。汽車頭条が伝えた。

 中国の他の自動車製造会社の一部も毎年7、8月、猛暑を理由に「高温休」を実施している。休業中は通常、工場のメンテナンスだけを行う。BHMCの「高温休」は、給与、生産、研究開発(R&D)には影響しない。

 BHMCは今年上半期(1~6月)の販売台数が30万1000台で前年同期比42.2%減少した。3~6月は販売が回復しており、月間販売台数が4万台足らずから6万台前後に増えた。

↑このページのトップヘ