中国自動車ニュース

奥深い中国の車事情をご紹介します。

カテゴリ: 上海汽車

  上海汽車集団傘下のバス製造会社である上海申沃客車と関連会社の上海獅博実業投資の2社が、バス製造会社である青島申沃客車(本社:山東省青島市)株式51.43%を売却し撤退することを決めた。毎日経済新聞が21日伝えた。

 青島申沃客車には、路線バス会社、青島公交集団投資発展も42.86%出資しているが、現在は持ち株売却の予定はないとしている。

 青島申沃客車の売上高は2016年が620万元(約1億585万円)、17年上半期(1~6月)が633万元。上場大手バスメーカーの売上高は、宇通客車が358億3000万元、安凱汽車が47億5700万元、中通客車が92億5700万元で、青島申沃客車は桁違いに小さい。業界関係者は、資本引き上げは青島申沃客車の業績不振が原因とみている。

 上海申沃客車は、上海汽車とボルボ(中国)、ボルボ・バスの2社が出資する中外合弁会社。上海獅博実業投資は上海汽車集団の工会(労組)が全額出資している。

 上海申沃客車も近年は業績不調で、2016年の販売台数は前年比4.56%減の2007台、今年1~8月は前年同期比44.4%減の754台だった。

鉄道輸送 国有大手自動車会社、上海汽車集団はこのほど、国有鉄道会社、中国鉄路総公司と戦略パートナーシップを締結したことを明らかにした。上海汽車集団は中国全土に張り巡らされた中国鉄路総公司の路線網を使い自動車の鉄道輸送を拡大する。蓋世汽車網が31日伝えた。

 自動車の鉄道輸送は他社に先駆けており、1995年には傘下の販売会社と上海鉄路局が乗用車の鉄道輸送会社、上海安東商品轎車鉄路運輸有限公司を設立した。その後、2008年には出資会社が上海汽車傘下の自動車物流会社、安吉物流と中国鉄路総公司傘下の輸送会社、中鉄特貨にそれぞれ変わった。

 安吉物流は現在、世界最大の自動車・車部品の物流会社で、陸路、水運、鉄道が一体化したスマート物流プラットフォームを運営している。年間の輸送能力は600万台以上。中鉄特貨が2016年に鉄道で輸送した完成車は292万台で、うち上海汽車集団が42%を占めた。

 上海汽車は今後、中国鉄路総公司の鉄道ネットワークを活用し、国内の僻地や山間部にも販路を広げる考え。また、両社はモノのインターネット(IoT)、ビッグデータ、クラウド・コンピューティングなどを導入し、環境に優しい新しい自動車物流体系を構築する。

 米経済誌フォーチュンが20日発表した世界の大手企業500社ランキング「フォーチュン・グローバル500」の2017年版で中国企業115社がランクインし、うち自動車企業6社が含まれた。新華網が24日伝えた。
 6社のうちトップは上海汽車集団股フェン有限公司の41位。以下、東風汽車集団の68位、中国第一汽車集団の125位、北京汽車集団(北汽集団)の137位、広州汽車工業集団の238位、浙江吉利控股集団の343位が続いた。6社の2016年の売上高は3989億5900万米ドルだった。

 今年の上位500社入りの条件は売上高216億米ドル以上となり、前回より3%上昇した。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)と上海汽車集団の合弁メーカー、上海通用汽車の湖北省武漢市の工場が18日、操業開始からわずか30カ月で生産100万台目を達成、スポーツタイプ多目的車(SUV)のシボレー・エクイノックスがラインオフした。湖北日報網が18日伝えた。

 武漢工場は、同市江夏区の金港工業園にあり2012年9月に着工。15年1月に1期工場が生産を始めた。現在は2交代制で年間24万台を生産している。

 1期工場の操業開始とともに2期工場の建設を始め今年4月に生産を始めた。2期工場の投資額は75億元、年産能力36万台。米国のGMの工場と同等の最先端のスマート生産設備を備える。

 武漢工場ではビュイック・エクセル、シボレー・キャバリエ、シボレー・エクイノックスを生産、消費者に歓迎されている。

 中国大手自動車メーカー、上海汽車集団は5日、インド・ グジャラート州政府と工場建設に関する覚書を交わした。上海汽車集団は、米ゼネラル・モーターズ(GM)の同州ハロール工場を買収し今後5年間に21億元(約351億円)を投資する計画だ。蓋世汽車網が伝えた。

 インド工業省によると、上海汽車のほか、自動車部品の延鋒汽車飾件系統有限公司(本社:上海市)など関連5社も同時進出を計画しており、投資額は計32億元になるとみられる。工業省担当官は「5社は早めの営業開始を希望しており、われわれもなるべく早く許可したい」と述べた。

 上海汽車の工場は2019年の操業開始予定。年間生産台数は5万~7万台で、現地の需要に合わせて調整することにしている。製品はMGブランドで販売する。

↑このページのトップヘ