中国自動車ニュース

奥深い中国の車事情をご紹介します。

カテゴリ: 製造

 トラックメーカーの東風商用車(本社:湖北省十堰市)でこのほど、ボルボ・カーズからの技術導入で開発された「東風VT14」14段変速機の量産を初めた。1日の生産台数は62台となる。蓋世汽車網が22日伝えた。

 東風VT14はボルボの技術を基礎に国産化したもので、省エネ化、軽量化、ギアチェンジの円滑さを実現した。東風商用車の天龍シリーズの大型トラックに搭載する。

 東風VT14の工場は2015年3月に着工。1期工場の年産能力は3万台となる。4月に試験生産、5月に小規模な量産を行い、このほど本格生産を始めた。

 大手国有自動車メーカー、重慶長安汽車は21日、董事会が張宝林氏が新董事長に就任する人事を議決したと発表した。同社では経営幹部の異動が続いている。蓋世汽車網が22日伝えた。

 重慶長安汽車では今年8月、徐留平前董事長が、別の大手国有自動車製造会社、中国第一汽車集団の董事長に転任。9月には傘下研究機関、長安汽車研究総院の院長などを務めた譚本宏氏が長安汽車副総裁に昇格した。
 重慶長安汽車の今年上半期(1~6月)の販売台数は142万9511台で、2017年の販売目標330万台の43%。7月の販売台数は前年同月比15.76%減の16万1468台で販売減少が続いている。

 新董事長に就任する張宝林氏は現在、親会社、中国兵器装備集団の副総経理。長安汽車トップ就任後は研究開発、製造、販売面での手腕発揮が期待されている。

 自動車部品メーカー、デルファイはこのほど、山東省煙台市福山区にリマニュファクチャリング本部を設立することを決めた。アフターマーケット市場向けに同社製の動力系統、コントローラー、カーオーディオ、安全システムに関連した精密部品をリマニュファクチャリング(再製品化)する。福山区政府のウェブサイトなどが伝えた。

 生産開始後の年間生産額は20億元(338億円)の見込み。デルファイは今後、アフターサービス部門を同本部に集約する計画だ。

 福山区は各種自動車部品会社200社あまりが進出。変速機、ワイヤーハーネス、ランプ、プレス部品、ステアリングの5大産業群が形成され、年間生産額は300億元(約5000億円)を超えている。

 深セン上場のエアコン大手、珠海格力電器股フェン有限公司(本社:広東省珠海市)はこのほど、コンプレッサーや自動車部品を製造する上海海立(集団)股フェン有限公司(本社:上海市浦東新区)の株式5%を公開市場を通じ5億元(約85億円)で買収したと発表した。今後1年、さらに買い増す可能性も示唆した。中国経済網が22日伝えた。

 業界関係者は「海立の株買収は、自動車業界進出を速めるための布石だ」と話している。

 海立はエアコン・冷蔵設備、自動車部品、家電製品、電子部品などを製造。うちエアコン用コンプレッサーが主力事業で年産能力は2000万台、世界市場の7分の1のシェアを誇る。

 格力電器は自動車産業進出を公言し、電気自動車(EV)用のバッテリーなどを製造する、珠海銀隆能源有限公司(本社:広東省珠海市)に出資し提携を深めている。また、中国第一汽車集団傘下のエコノミーカー製造会社である天津一汽夏利汽車股フェン有限公司の株式買収のうわさが報じられたが否定した。

 自動車メーカー向けなどの塗装設備を手掛けるデュール(Durr)の中国本社が21日、上海市青浦区で開業した。オートメーション設備などの顧客向けの調整が中国内で可能になった。盖世汽車網が22日伝えた。

 総投資額2500万ユーロ(約4億2500万円)、敷地面積1.82ヘクタール(ha)。床面積2万平方メートル。オフィス、テストセンター、研修センターなどで構成される。

 うちテストセンターは面積2200平方メートル。これまで他地域の支社で行っていた塗装、密封、コーティングなどのテストを行う。また、3200平方メートルのバリデーションセンターは、中国企業向けのオートメーション設備の事前調整を行うが、これも従来はドイツ本社でしかできなかった

 同社のディーターCEOは「新たな現地サービスにより、中国の顧客の時間を節約できる」と話している。塗装ロボットなどの研究開発(R&D)では、中国顧客向けに特化したソリューションの提供も可能になるとしている。

↑このページのトップヘ