香港上場の自動車メーカー、吉利汽車(本社:浙江省杭州市)西南マーケティング事業部傘下ディーラーの18店の集中開業式が9日、貴州省で行われた。18店は貴州省9店、四川省7店、雲南省2店。開業に伴う総投資額は4億8500万元(約81億円)だった。汽車頭条が9日伝えた。

 吉利汽車は全国に華北、東北、華中など5カ所のマーケティング事業部を展開。うち西南は最重要市場で、2016年に売り上げ全国首位の販売店は西南市場の四川省成都市の店舗だった。

 吉利汽車の1~8月の販売台数は前年同期比88%増の71万8200台。うち西南市場は98%増の8万5600台。各ブランドのうち新帝豪と新遠景の販売台数は西南市場が全国が首位だった。

 西南市場のシェアは1、2位が独フォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、上海大衆と一汽大衆。3位が地元の重慶長安汽車。吉利汽車のシェアは長安汽車に迫るが、これまで四川省成都市の販売店はわずか8店で、長安汽車の30店を大きく下回っていた。